mimi,jean,petite capi et mon chapeau*パリの日々



Glenn Gould…


相変わらず、バタバタとしていて更新ができずでした~。

今、料理をしている煮込みの待ち時間に。。。音楽を聴きながら。音楽は大好きで色々聴きますが、ジャズ、フュージョンだけはききません。メロディだけのものが多いからかもしれません。きいていても、わたしにとっては感じるものが無く、心地よさが感じられないのが大きな理由かしら。


Une belle musique n'a pas besoin de parole. Car elle manifeste ses sentiments...
でも、メロディだけならクラッシックも。。。となりますが、クラッシックは、バッハ、グールドは大好きなのです。グールドは大好きで、しょっちゅう聴いています。特に「「ゴルトベルク変奏曲」…81年が好きなのです。55年もありますが、81年の方が力強くて耳に入りやすい。そしてこんなに長い演奏時間なのに飽きない。

クラッシックはメロディだけでも、時代の背景や、想いが感じ取れるからです。
日本人には馴染みが余り無いクラッシックですが、フランスではみんな聴いています。ロックやシューゲイザーなんて聴いている人でさえ、クラッシックにも詳しいのには驚かされます。

クラッシックに歌詞が無いのはなぜ?(オペラは別として)か考えた事がありますか。
前にふと疑問に感じた時、わたしはこう思いました…クラシック音楽とは、歌詞がない分、感情で受け止めているのではないか?そう、感情を記憶するために耳が、自然と美しい音に傾く気がする。
そしてちょうど、8世紀の哲学者たちが言っていたこんな記事を読みました。

…「芸術」の本質が感性的真理の顕現であるならば、そこに必ずしも言葉が関与する必要はない。言葉は叡智的真理の表現の媒体であって、感性的なものはむしろ「言葉では言い得ないもの」である。したがって、言葉を持たない抽象的な音楽こそが感性的真理をもっとも直截に映し得る。

Glenn Gould ’’Bach Goldberg Variations 1981’’
美しい。長いですが、興味があればぜひ聴いて見てください。




















[PR]
# by mimijean | 2013-12-19 09:45 | cinema, livre,musiqu

Notre guirlande de Noël…うちのリース


Le12 décembre 2013 19h53 ...

急な仕事が入り、ゆっくり家の事をしようと思っていた12月は、ばたばたしています。

忙しくない時は、土日を仕事休みに決めていますが、今月はそうはいかず。土曜日あたり、休みたいなぁ。

そろそろ、Noelの支度をしないと…仕事用のアクセサリーを作るために買ったプラスチック素材で、Noelのリースを作ってみました。木の実などのナチュラルなリースも好きですが、うちにはしっくり来ないので、今年はこちらに。。。




f0041600_22254017.jpg

                           *
          冬の夜はやっぱし、ズビグニエフ・プレイスネルの曲があう…
            Zbigniew Preisner ’’Dekalog V/ Kieslowski’’

この映像は、わたしの大好きな映画「二人のベロニカ」のクシシュトフ・キエシロフスキー監督の作品で、このアルバム’DECALOGUE’''に10編使われています。



















[PR]
# by mimijean | 2013-12-13 22:45

Pour Noel...Av des Champs-Élysées


Le09 décembre 2013 19h53 ... Avenue des Champs-Élysées 75008

早朝はー4℃にまで気温が下がる冬のParis。寒く暗い冬ですが、Noelが近づくと寒さなど気になりません。

マロニエの並木道のシャンゼリゼ通りもNoelとなると綺麗な灯りが…。東はオベリスクのあるコンコルド広場から始まり、西は凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール広場まで約3kmは光のAvenueとなっています。

f0041600_052359.jpg





























[PR]
# by mimijean | 2013-12-11 00:03 | noël

John Lennon "Love"...and Jim


Le 8 Décembre 2013...33 years ago today John Lennon died and 70 years ago today Jim Morrison was born.

Remembering John Lennon on the 33rd anniversary of his death...8 Déc

あの日から33年が経ちました…シンプルな曲と、シンプルなのに奥が深い詩この曲。わたしがJohnの曲の中で1番好きな曲。

John Lennon "Love"


                        
And...70th birthday today of Jim Morrison,Le 8 Déc.

そして同じくして8日は、大好きなJimの70年目の誕生日でもあります。
Jimは、Doorsで知られていますが、詩人として数冊の詩集も出している事を知っている人はきっと少ないでしょう。わたしは、DoorsのJimよりも、詩人としてのJimの方が好きなのです。彼の繊細な詩と、声がなんともいえない美しい響き。

Jimの美しい詩と共に流れるルドヴィコ・エイナウディの曲を…。

Poem : Jim Morrison, Music : Ludovico Einaudi






















[PR]
# by mimijean | 2013-12-08 00:11 | cinema, livre,musiqu

Bonne Nuit Paris.


Parisで作曲家として活動しているKeishiさんの作曲したアルバムに、わたしの撮ったParisの写真たちが使われることになりました。このYou Tubeでの曲は、第一弾です。10曲ありますので、次のどの写真が使われるかも楽しみです。このアルバム作品の録音が先日、フランスでされたそうです。

わたしの写真をとある所で見ておられ気に入ってくださり、この提案を持ちかけてくれました。写真たちを違和感無く流れるようにイメージのある映像を構成をしてくれたReizoさん、Merci. 自分の写真をこんな風にしてもらえると何だか嬉しい。
Reizouさんの本業は歯医者さんで写真が趣味で、すてきなものを撮られています。そして、作曲家のKeishiさんとは高校時代から親友だそうで、友人の作品が形になったことが我がことのように嬉しいと話されておりました。

Keishiさんの優しい曲を聴いて見てくださいな


’Bonne nuit Paris’ compositeur: Keishi Azuma


’L' aube de Paris’ compositeur: Keishi Azuma


Keishi qui est compositeur a compose cette musique, et son ami Reizou a fait une construction de ce vidéo. Il a adopte mes photos de Paris. Super!






























[PR]
# by mimijean | 2013-12-07 07:04 | cinema, livre,musiqu

pour Noel.



フランスでは、Noël と言えば、Chocolat.

このBouleは、イタリアのもの。中には
チョコレートが詰まっています。



f0041600_450517.jpg















.
[PR]
# by mimijean | 2013-12-06 07:07 | noël

Paul Simon 'American Tune''



音楽は、わたしの生活には欠かせないもの。いつも自分やみんなを振り返させてくれ、そして考える事を与えてくれる。



ベトナム戦争の終わり、ソ連との冷戦の時代にPaulが作ったすばらしい曲。
このPaulの曲は、バッハのマタイ受難曲のコラールのメロディを引用している。クラッシックは余り聴かないけれど、バッハだけは好んでよく聴くので、この曲は聞き比べると面白い。

Paul Simon ’’American Tune'' (1975)

Many's the time I've been mistaken
And many times confused
Yes, and I've often felt forsaken
and certainly misused

僕はこれまで何度も失敗をしてきた
そして、たえず迷い
僕はよく誤解され、何度も見すてられ
そして、虐げられてきた

Ah, but I'm all right, I'm all right
I'm just weary to my bones
Still, you don't expect to be bright and bon vivant
So far away from home
So far away from home

でもいいんだ 平気だ
ただ疲れただけなんだ
明るく幸せな気持ちにはとてもなれない
故郷は遥か遠く
あまりにも遠い

And I don't know a soul who's not been battered,
I don't have a friend who feels at ease
I don't know a dream that's not been
shatteredor driven to its knees

くじけぬ人間などいない
心から信頼できる友もいなかった
叶った夢なんてなかった
いつも素直に従ってきたけれど

But it's all right, it's all right
For we lived so well so long
Still, when I think of the road we're traveling on
I wonder what's gone wrong
I can't help it,
I wonder what's gone wrong

でもいい もういいんだ
僕は今日まで何とかやってきた
でも歩いて来た道を振り返ると
何が悪かったんだろうと考えてしまう
どうにもならないけれど
何が悪かったのだろうと

And I dreamed I was dying
I dreamed that my soul rose unexpectedly
And looking back down at me
Smiled reassuringly

死ぬ夢を見たんだ
魂が僕の身をはなれていくんだ
そして僕を見おろして
微笑んだんだ

And I dreamed I was flying
And high up above, my eyes could clearly see
The Statue of Liberty
Sailing away to sea
And I dreamed I was flying

そして僕は空を飛んでいるんだ
そして大空から僕の瞳ははっきり見た
自由の女神が
沖へ出て消えていくのを
僕は空から見ていたんだ

We come on the ship they call the Mayflower
We come on the ship that sailed the moon
We come in the age's most uncertain hours
and sing an American tune

僕らはメイフラワー号に乗り
僕らは月に向かう船に乗り
この不安な世にやってきたんだ
そして「アメリカの歌」を歌う

But it's all right, it's all right, it's all right
You can't be forever blessed
Still, tomorrow's going to be another working day
And I'm trying to get some rest
That's all, I'm trying to get some rest

でも、もういいんだ もういいんだよ
永遠の幸福なんてあり得ない
明日からまた仕事の毎日さ
だからほんの少しの休息を
ほんの少しだけの休息を

これが、そのバッハのマタイ受難曲のコラール。
















.
[PR]
# by mimijean | 2013-12-05 23:36 | cinema, livre,musiqu

Paris...c'est une ville de lumière...灯りの街 Paris



Le 03 Decembre 2013...Rue de Rivoli 75004 Paris



             冬のParisの暗くなる寸前に点く街灯は何とも美しい。


f0041600_1433053.jpg

                            *         
  Quand il fait froid, Je l’écoute...寒くなると聴きたくなるオーラヴル・アルナルズの曲。
                     Olafur Arnalds '1440'





































[PR]
# by mimijean | 2013-12-03 17:42 | quartier

Merci...ありがとう



病気の時ほど孤独を感じる時はない。
今まではいつも誰なりと家にいたから、そう思う事はなかったかもしれない。
わたしは小さい時から、人に頼る事をしない。家庭環境からそういう考えになった。だから海外生活でも何でも一人で切り抜けたかもしれない。病気の時も余程の大きな事て無ければ、誰にも世話を頼まなかった…と、言うのは、きっと誰なりと居たからと言う安心感があったかもしれない。
ベッドに横になりながら、そんな事を考えて携帯から投稿してみた…。

昨日の夜からずっと寝ていた。シーツが温かい。
夢で、がんを患っている友達がこっちを見て微笑んでいた姿…今、目が覚めたら、すっかり真っ暗になっていた。体調が悪いところに、夢で何と悲しい気分になったところに、同じくしてメールがきていた。
大丈夫じゃなかったら遅くなるけど行こうか…と。
ありがとう。


f0041600_21191752.jpg

                            *

                   わたしの大好きな曲を贈ります。
      
                     Yann Tiersen 'Summer 78'

















[PR]
# by mimijean | 2013-11-28 21:19 | monologue

Vue du pont des arts…Pont des artsからの景色


Le27 Novembre 2013...Vue du pont des arts : Place de l'Institut, 75006 Paris.



f0041600_1429873.jpg

pont des artsからの冬景色。
ここからの景色も美しいですが、pont neufからサマリテーヌ方面に歩きながら見る夜のParisは更に美しいとわたしは思います。

                            *

              寒くなると聴きたくなるオーラヴル・アルナルズこの曲。
                    Olafur Arnalds … ’1440’















































.

[PR]
# by mimijean | 2013-11-28 06:24 | quartier

今日は、「女性の為の暴力撤廃国際デー」


Le25 Novembre 2013...C'est la journée internationale pour l'élimination de la violence à l'égard des femmes.

今日は、女性の為の暴力撤廃国際デーです。フランスでは、先日から大きなデモが行われています。
フランスでは、去年2012年には、1年で148人の女性が配偶者(夫)、または元恋人などの暴力により亡くなりました。いえ、殺されました。(配偶者の暴力による死亡者数は、数年前までは3日に1人の割合でした。)148人年間と言えば、1ヶ月2,5日に1人の割合です。いかに、暴力による死者暴力被害が多いか。
そして、その暴力の多くは闇の中にしまわれています。日本では、フランスの何倍もの人が口を閉ざして、暴力に耐えているのではないでしょうか。暴力は時には死に至ることをよく覚えておいてください。
Parisでも、意外と多くの日本人妻が暴力(言葉による精神的暴力も含め)を受けていると話を聞きました。しかしながら、復讐を恐れて隠しているのが現状です。

Moi, je dis aux femmes qui ont subi les violences...
Ne pleurez pas.
Ne pas avoir peur.
Ne laissez pas place à la violence.
Si vous laissez les violences, si vous cachez la vérité…Les violences vont toujours continuer, continuer.
Cela n'est pas que pour vous même,
c'est aussi pour des autres femmes,
c'est aussi pour évité que la violence faite aux femmes continu.
Il faut être forte.
Mais vous n'oubliez pas qu'il y a beaucoup les gens qui vous viendrons en aide.

暴力を受けているあなた達に…
泣かないでください
怯えないでください
暴力を野放しにしないでください
もし、あなたが暴力を見逃すと...もしあなたが真実を隠すと…暴力はずっと続きます。
真実を明らかにすることは、あなたの為だけではありません。他の女性の為でもあります。それは、暴力による被害をこれ以上増やさない為でもあるのです。強くならならなければいけません。でも、忘れないでください。いつでもあなたを助けてくれる人たちは沢山いることを。

f0041600_0362561.jpg


下の写真は ’’Manifestation féministe contre les violences faites aux femmes’’
先日行われたデモの様子です。フランスのELLE誌でも取り上げられています。
フランスでは、まだまだ被害を隠している人も多いですが、反対に年々、多くの女性が人々の手を借りて立ち上がっています。日本もこんな日がいつか来る事を願って…。
(写真はChristine Le Doaréより頂きました)


f0041600_2354512.jpg

「暴力に対する女性の権利を守る為に…一緒に立ちあがろう」

f0041600_236451.jpg

フランス人、移民、多くの女性がデモに参加。

f0041600_2362476.jpg


Femmes solidairesは、フランス各地にある女性の為の団体。一番、動いてくれる団体だとわたしは思います。

Les douleurs des femmes sont souvent comme des phrases sans rebords
Il nous arrive des pleurs, des tracas, des humiliations, des douleurs de toutes sortes
Nous qui savons pourtant si bien délier par des rêves d’ailleurs nos bonheurs
Il se peut que la naissance de nos mémoires échouées ne soit pas si banale en fait
Comme la nécessité d’un texte universel qui se partage nos histoires de femmes
Et fait écho, pour des paroles que l’on tresse en un chapelet de prières d’espoir
Que cela cesse.
Femme…Sois certaine que la joie n’est pas vagabonde ni sauvage ni éphémère, ni illusion.
La parole ne doit pas te quitter sur le seuil.
Il suffira que tu dénonces,
Il faut le dire que tu es partout au monde, alentour et au centre, ici où ailleurs, là-bas et plus loin.
Au cœur
M@claire ADDAX

*以前はコメント欄から鍵コメを頂いていましたが、現在はコメント欄を閉じていますので、フランスで(もしくは日本でも構いませんが、法的な事はフランスでの事しかお話は出来ませんが、それ以外の事でしたら大丈夫です)被害にあわれている方は、下記までいつでもご相談くださいね。
shop.roucou@gmail.com

























[PR]
# by mimijean | 2013-11-26 18:50

「Le journal d'Anne Frank」:映画「アンネの日記」



友人が、映画「Hannah Arendit」の話をしていたので、「The Reader」を思い出しました。「Hannah Arendit」のポスターと、「The Reader」の最後の場面が重なります。「The Reader」は大好きな映画で何度も観ています。

そして、「第2次世界大戦、ナチスの強制収容所」と言うと、やはり、アンネ フランク。
Parisでは4~5年くらい前に映画「Le journal d'Anne Frank」が、また上映されていましたが、わたしはあえて家でみました。
どの映画とも、とても深い作品です。、「The Reader」は本でも読みました。今度は機会があれば小さな時に読んだきりの「アンネの日記」も、また読んでみようと思います。

アンネ フランクについては、数年前にアムステルダムの「アンネフランクの家」を訪れもしました。
ドイツ軍占領下で、アンネ家族を含め、3世帯が隠れ家でどのように生きていたか、是非自分の目で確かめてみたい場所でした。「ユダヤ人」というだけで、何の罪も無い150万人の子供たちがナチスの「最終解決」のもとに殺されました。アンネ・フランクの実話はそのうちの一つにすぎないことを忘れないでください。

「私が私として生きることを許して欲しい。」…これはアンネの残した言葉です。作品を見れば、意味が分かるはずです。

(映画についてはあらすじは必要なら書きますが、感想や評価はあえて書きません。書いたところで、人により観方や意見が違うので意味が無いからです。観て自分で感じ取るのが一番。)

You Tubeで映画「Le journal d'Anne Frank」を見つけました。英語、フランス語(英語の下)のみです。


英語版



フランス語版


































.
[PR]
# by mimijean | 2013-11-24 09:43 | cinema, livre,musiqu

Les blanches...白ものたち



Le22 Novembre 2013...a la maison


わたしの事を知っている友人達は、わたし=黒というイメージですが、そうなんです。自分が身につけるものは黒が多いのです。
しかし、家の中は白がすき。ナチュラルな床も大好きだけど、真っ白いタイルも大好き。そして壁はやはりParisの家によくあるペンキ塗りの白。前のアパートも、汚れたら塗りなおしたり…。

今、住んでいる所は、上手い具合に白で統一。
そして、布モノも白、しろに弱い。無地の真っ白、そして大好きな小さな水玉の白。レースの白。そして、家の中の布帛モノで、好きなものが見つからない場合は、帽子のヴィンテージ布の白を頂いて作ります。


f0041600_2120468.jpg

                           *
              Ólafur Arnalds ’Another Happy Day’










































[PR]
# by mimijean | 2013-11-22 10:08 | favoris

Le ciel embrasé ...夕焼けの空。



Le21 Novembre 2013...Esplanade des Invalides, 75007 Paris


              Pour lapin!!...C'est la même photo :)


f0041600_20133894.jpg

                    
                            *
         寒い日になると聴きたくなる曲…忙しい毎日。風邪を引かないように。

Belle & Sebastian ’We Rule The School’










































[PR]
# by mimijean | 2013-11-20 17:32 | quartier

De la fenetre…窓から。


Le 19 Novembre 2013...Rue de Charonne 75011 Paris


仕事場近くのビストロの窓からの景色。
お向かいはParisらしいアパート。このアパートの1階は、有名な老舗ビストロChez Paul。
このあたりは、3~4階建ての小さなアパートが多いです。


f0041600_20184874.jpg












































[PR]
# by mimijean | 2013-11-19 12:03 | restaurant, café

Les figues avec …無花果たちと。



昨日の無花果の残りで、タグリアテールの温かい無花果&生ハム、そして食欲の無い日には、冷たい無花果&生ハムに、サラダとカリフラワー&エシャロットのクリームスープで。

そういえば、スープが美味しい季節となりましたね。


f0041600_1624658.jpg


                         *
Marble Sounds  ’’Come Here’’ ...ぱららん、らん、ぱららん~♪




















































[PR]
# by mimijean | 2013-11-18 09:20 | cuisine

Les figues…無花果たち



この季節、無花果を見るとついつい買ってしまう。

f0041600_18171257.jpg


そのまま食べるよりも、わたしはいつも料理として使います。

まずは毎回作るジャムに。
今回は、たくさん作ったのでお友達におすそ分け。甘い無花果だったので、とても美味しくできあがりました。
朝はバゲットにバターと、たっぷりの無花果ジャムで…。
f0041600_18164951.jpg

*イチジクは、「無花果」と漢字で書きますが、花が咲かないわけではないそう。無花果の実の中にたくさんの白い花を咲かせるらしいのですが、外から見え無い為、花が咲かないように見えるみたいですね。














.
[PR]
# by mimijean | 2013-11-16 07:12 | cuisine

Courage toi...頑張って。


最近は、ParisのことがなかなかUPできず…ここ2年近く、お友達の死や、移植、そしてCapiちゃんの病気など、考えさせられる事がたくさんで日々の日記のように書いているこのブログにはそういう話題ばかりになってしまう。


「頑張って」… たった一言だけど、とてもすてきな言葉だといつも思います。言葉って、話さないと伝わらない。
闘病中や大変な人に「頑張って」って声をかけるのは酷だ…とよく聞きます。(以前、お友達もこの事を書いていましたが)
でも、わたしは決してそう思わない。素直に「頑張って」と声をかけてあげたい。

どんなに辛いか、わたし達には計り知れないものかもしれない。だから他人からみれば、「何言ってんのよ、病人の辛さも知らないくせに」と言われるかもしれない。だからこそ、何も出来ないわたし達には、「頑張って」と言う言葉に「いつでも応援しているよ。見ているよ。」という気持ちを表している温かい想いだと感じるのです。
わたし自身、病気もして、手術もした事があり、またCapiちゃんの病気、死への恐怖…だから、人から贈られる「頑張って」の一言は、心の支えにもなりました。

友達がある所で自分の病気を告白していました。え?なんで?と思う人もいるでしょう。
わたしは、その友達の病状を知っているので、その告白はある意味、自分への投げかけ そして周りの人に心の支えになってほしいと直ぐに分かりました。
そして、よく病気の人に「あの人は強い」という言葉も聞きます…辛い、しんどい、涙を見せないのが強いと思われがちですが、わたしはそうとは思わない。毎日、明日への不安と恐怖でいる事がどんな思いだろうか。人前で、その辛さや涙を見せる方が、逆にどんなに心苦しい事か。
自分が病気をすれば、いつか分かるはず。病人がどんなに弱いか。
まわりには弱さも見せているけれど、まわりに支えを求める勇気、こういう人が本当に強い人じゃないかな、とわたしは思う。

遠い国で闘病しているお友達に… 「頑張って」


f0041600_1551173.jpg

                            *
Ivan Lins、大好きだよね。
そして、この曲 ’Vitoriosa’ のこの言葉を贈ります。…Que a vida pode ser maravilhosa




































.
[PR]
# by mimijean | 2013-11-15 09:07 | monologue

On attends Noël... ノエルを待つ。



Le 14 Novembre 2013 14h39...Habitat: 42/44 rue du Faubourg Saint Antoine, 75011 Paris


11月に入ると街は、Noelの準備で大忙し。
店頭には既にNoelのプレゼント雑貨、インテリア、食器、Noel定番のチョコレートなどが並びだしている。

この時期、何度もHabitatに行くのが大好き。たくさんのNoel用の飾り付けや食器などがたくさん。わたしは殆どをHanitatで揃えている。食器や、プレゼント、どれも自分のスタイルに近いものが多く、大好きなお店の一つ。


f0041600_2318346.jpg





























[PR]
# by mimijean | 2013-11-14 14:09 | noël

de courage pour les gens et les animaux de la Philippines.



Don't give up,Philippines...

Courage, Eva.

フィリピンのたくさんの人や動物達の為に。
そして大切な友人Evaの友人たちがどうか見つかりますように…。


Passons cette chandelle d'Amour et de courage pour les gens et les animaux de la Philippines...C'est très touchant ce qui est arrivé, bouleversant...

Courage aux sinistrés et aux membres des familles qui sont sans nouvelles de leurs proches depuis la tragédie.


f0041600_21114568.jpg













.

[PR]
# by mimijean | 2013-11-12 12:00 | monologue


2000年からのFrance生活&帽子製作日記。http://www.mimi-miyuki.webs.com/

by mimi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31