mimi,jean,petite capi et mon chapeau*パリの日々



カテゴリ:未分類( 113 )


Mats Ek de quitter la scène

Le14 Janvier 2016

C’est la saison des adieux, après Sylvie Guillem en décembre, c’est au tour de Mats Ek de quitter la scène...
 
Mats Ek のバレエが一番好きだったのに…。
70歳になったのを機に、振付家としての活動に終止符を打ち、彼の全作品を封印するそうです。

フィガロ紙の記事→ Le Figro



f0041600_11202488.jpeg

写真は、オペラガルニエで観た大好きな"La maison de bernarda" Une sorte de..."の公演。









.


[PR]
by mimijean | 2016-01-14 02:17

pleure...les larmes sont les pétales du coeur


Le 30 Aout 2014...Charlotte Church  ’’Ave Maria’’


''pleure...les larmes sont les pétales du coeur '' Paul Eluard

le 12 Août 2014...Aujourd'hui j' me rends compte...plus rien n'a d'importance sans toi à mes cotés. Je garde seulement tes petit os.
Les larmes de mes yeux et la pluie se mêlaient...Je laisse couler toutes mes larmes, juste pour cacher ma peine.

à mon ange du ciel... mimi


f0041600_23495518.jpg





Charlotte Church  ’’Ave Maria’’



















































[PR]
by mimijean | 2014-08-30 15:47

Ma confiture… kiwis au citron -キイウィとレモンのジャム‐


Le 16 Mars 2014...The Velvet Underground ''Sunday Morning''


いつも作るジャム…朝起きて、Cafeを淹れる待ち時間にささっと作ります。
今回は、わたしが一番良く作る、そして1番大好きなキィウイとレモンのジャム。バゲットにバターとジャム、ヨーグルトにサラダのソースにと…。

ドライトマトをのせると更に美味しいです。 

f0041600_14142227.jpg


                             *
’’悲しい事があって次の朝起きたとき、それを覚えている、そんな事を歌った歌だよ…僕は何回もそんな思いをしてきたよ’’ ルーのこの言葉は有名ですよね。

Velvet Underground の1st アルバム ’’Velvet Underground & Nico’’より、昔から大好きなこの曲。イントロから流れる音色は Célesta (セレスタ)という鍵盤楽器。
当初、ニコに歌わせる予定でライブもニコが歌っていた曲。しかし、レコーディング当日にルー リードが歌う、と言い張って本人が歌うことになった曲。ルー リードだから、この曲の歌詞を歌えたかもしれません。




































[PR]
by mimijean | 2014-03-16 06:11

「熊胆」の犠牲はもう要らない。人間と同じ命ある熊を救ってあげてください。


わたし達人間と同じ命ある動物を救ってあげてください…。

漢方薬の中国は熊の胆汁を取るため生きたままの熊の腹に一つの穴を開け、熊の胆嚢にカテーテルを突き刺して、毎日数回胆汁を取る。
なんと25年間もこの状態で生かされる。激しい痛みとともに鮮血がしたたり落ち、熊は凄く苦しく雷のように叫ぶ。しかし鉄のベストを着ているため、動くこともできない(コストを節約するために、熊に麻酔剤を使っていない)
f0041600_21471461.jpg

↑この状態で25年間も檻の中で暮らすのです。

ツキノワグマは、古くから中国の漢方薬の材料として捕獲され、彼らの肝臓から採取する胆汁が消化器系の漢方薬「熊胆」、日本での多くの市場を占めています。中国で生産される熊胆の90%は日本と韓国へ輸出されて­います。
1980年代初頭から、檻に入れたツキノワグマの腹部に金属カテーテルを埋め込み胆嚢に挿入する方­法で、継続的に胆汁を搾取しています。
しかし近年では、コスト削減のため痛み止めや抗生物質の投与をしないケースや、狭く身­動きが取れない檻の使用などといった飼育環境に対し、世界各国で非難の声が高まってい­ます。
現在では、熊胆の代用となる化学薬品ウルソ酸や各種ハーブが開発され、それらを代わり­に使い始めた医師たちもいます。
海外では沢山の方々がこのことで動き出しています。日本はやっと今、動き出しました。「熊胆」の大きなマーケットを占める日本、だからこそ、わたし達の責任、恥でもあります。日本も購入を止め、一人でも多くの方にこの現実を知っていただき、署名をお願いします。

熊胆撲滅を求める署名→ http://p.tl/44xU

2011年に実際に起こった熊親子自殺事件を元にアニメ化されました。熊のお母さんは、この苦しみから逃れる為に、子供と共に自殺しました。(下にあります。是非みてください)
この背景には日本市場が多く関与している事実も忘れないでください。


































.
[PR]
by mimijean | 2014-03-09 21:52

Notre guirlande de Noël…うちのリース


Le12 décembre 2013 19h53 ...

急な仕事が入り、ゆっくり家の事をしようと思っていた12月は、ばたばたしています。

忙しくない時は、土日を仕事休みに決めていますが、今月はそうはいかず。土曜日あたり、休みたいなぁ。

そろそろ、Noelの支度をしないと…仕事用のアクセサリーを作るために買ったプラスチック素材で、Noelのリースを作ってみました。木の実などのナチュラルなリースも好きですが、うちにはしっくり来ないので、今年はこちらに。。。




f0041600_22254017.jpg

                           *
          冬の夜はやっぱし、ズビグニエフ・プレイスネルの曲があう…
            Zbigniew Preisner ’’Dekalog V/ Kieslowski’’

この映像は、わたしの大好きな映画「二人のベロニカ」のクシシュトフ・キエシロフスキー監督の作品で、このアルバム’DECALOGUE’''に10編使われています。



















[PR]
by mimijean | 2013-12-13 22:45

今日は、「女性の為の暴力撤廃国際デー」


Le25 Novembre 2013...C'est la journée internationale pour l'élimination de la violence à l'égard des femmes.

今日は、女性の為の暴力撤廃国際デーです。フランスでは、先日から大きなデモが行われています。
フランスでは、去年2012年には、1年で148人の女性が配偶者(夫)、または元恋人などの暴力により亡くなりました。いえ、殺されました。(配偶者の暴力による死亡者数は、数年前までは3日に1人の割合でした。)148人年間と言えば、1ヶ月2,5日に1人の割合です。いかに、暴力による死者暴力被害が多いか。
そして、その暴力の多くは闇の中にしまわれています。日本では、フランスの何倍もの人が口を閉ざして、暴力に耐えているのではないでしょうか。暴力は時には死に至ることをよく覚えておいてください。
Parisでも、意外と多くの日本人妻が暴力(言葉による精神的暴力も含め)を受けていると話を聞きました。しかしながら、復讐を恐れて隠しているのが現状です。

Moi, je dis aux femmes qui ont subi les violences...
Ne pleurez pas.
Ne pas avoir peur.
Ne laissez pas place à la violence.
Si vous laissez les violences, si vous cachez la vérité…Les violences vont toujours continuer, continuer.
Cela n'est pas que pour vous même,
c'est aussi pour des autres femmes,
c'est aussi pour évité que la violence faite aux femmes continu.
Il faut être forte.
Mais vous n'oubliez pas qu'il y a beaucoup les gens qui vous viendrons en aide.

暴力を受けているあなた達に…
泣かないでください
怯えないでください
暴力を野放しにしないでください
もし、あなたが暴力を見逃すと...もしあなたが真実を隠すと…暴力はずっと続きます。
真実を明らかにすることは、あなたの為だけではありません。他の女性の為でもあります。それは、暴力による被害をこれ以上増やさない為でもあるのです。強くならならなければいけません。でも、忘れないでください。いつでもあなたを助けてくれる人たちは沢山いることを。

f0041600_0362561.jpg


下の写真は ’’Manifestation féministe contre les violences faites aux femmes’’
先日行われたデモの様子です。フランスのELLE誌でも取り上げられています。
フランスでは、まだまだ被害を隠している人も多いですが、反対に年々、多くの女性が人々の手を借りて立ち上がっています。日本もこんな日がいつか来る事を願って…。
(写真はChristine Le Doaréより頂きました)


f0041600_2354512.jpg

「暴力に対する女性の権利を守る為に…一緒に立ちあがろう」

f0041600_236451.jpg

フランス人、移民、多くの女性がデモに参加。

f0041600_2362476.jpg


Femmes solidairesは、フランス各地にある女性の為の団体。一番、動いてくれる団体だとわたしは思います。

Les douleurs des femmes sont souvent comme des phrases sans rebords
Il nous arrive des pleurs, des tracas, des humiliations, des douleurs de toutes sortes
Nous qui savons pourtant si bien délier par des rêves d’ailleurs nos bonheurs
Il se peut que la naissance de nos mémoires échouées ne soit pas si banale en fait
Comme la nécessité d’un texte universel qui se partage nos histoires de femmes
Et fait écho, pour des paroles que l’on tresse en un chapelet de prières d’espoir
Que cela cesse.
Femme…Sois certaine que la joie n’est pas vagabonde ni sauvage ni éphémère, ni illusion.
La parole ne doit pas te quitter sur le seuil.
Il suffira que tu dénonces,
Il faut le dire que tu es partout au monde, alentour et au centre, ici où ailleurs, là-bas et plus loin.
Au cœur
M@claire ADDAX

*以前はコメント欄から鍵コメを頂いていましたが、現在はコメント欄を閉じていますので、フランスで(もしくは日本でも構いませんが、法的な事はフランスでの事しかお話は出来ませんが、それ以外の事でしたら大丈夫です)被害にあわれている方は、下記までいつでもご相談くださいね。
shop.roucou@gmail.com

























[PR]
by mimijean | 2013-11-26 18:50

Mon appartement -わたしのアパート-



前回、写真整理していた時に、こんな写真もでてきました。

f0041600_20231588.jpg

わたしが2001年春に引っ越した当初のアパートの写真です。以来、ここから1度も引越しなしという心地よさ。夏は涼しく、冬は寒く。笑 …というのも、この家には壁に取り付けられた電気暖房が5つもあるのですが全部つけても効かない。(新築なのに!)フランスの電気暖房は、どれもそうなんです。付いている壁の前だけが暖かいという。

引越し当初はご覧の通り何もない。このアパートは家具無しの為、全部1から買い揃えました。この木製脚立の白いテーブルは後に仕事用の作業台になりました。

渡仏しての直ぐのこの前に住んでいた11区のSaint-Maurのアパートは工場を買い取った4世帯しかない天窓のあるすてきなアパートでしたが、大家さんがいけずで半年程で引っ越しました。

ここは、Parisでは珍しい建築前のアパートで、3ヶ月待ち、入居。直ぐそばには、Pont-Neuillyがあり、セーヌ川沿い迄、歩いていける散歩にはとても美しい場所です。


アパートは、中庭に面していてとても静か。そして、ここは45㎡の広さで、その大部分の割合をサロン。1日の大半を過ごす大好きなサロンからは、その中庭が見え、季節ごとの草花を見る事ができます。

渡仏当初の若い頃のCapiちゃんは、このサロンから寝室まで運動会のように何往復も走りまわっていました。今は、20歳のお婆ちゃんだから家の中を走り回る姿もなく、ちょっと懐かしい…。頑張ろうね。
































.
[PR]
by mimijean | 2013-10-18 08:16

petit voyage

Coucou,

Ça va?
Je prends le train et fais un petit voyage.
f0041600_1375145.jpg














.
[PR]
by mimijean | 2013-08-15 01:34

malongo cafe



日本の様に当たり前に頂けるアイスコーヒーは、Parisでは、なかなか、お目にかかれません。

このカフェはニースの老舗豆屋さん。ここでは、美味しいアイスコーヒーが頂けます。そして、豆のお持ち帰りもできます。
f0041600_456673.jpg

















.

[PR]
by mimijean | 2013-08-14 04:49

un homme qui est tres simple

寒い日に見かけたすてきな人。

シンプルで動物に思いやりのある人、いいなぁ。

f0041600_16393426.jpg


f0041600_1640124.jpg








.
[PR]
by mimijean | 2013-04-02 16:43


2000年からのFrance生活&帽子製作日記。http://www.mimi-miyuki.webs.com/

by mimi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31