mimi,jean,petite capi et mon chapeau*パリの日々 2000年からのFrance生活&帽子製作日記。http://www.mimi-miyuki.webs.com/

フランス Ramadan月に入る…

 昨日、スーパーに行くと、異常な混雑。
それに、datteや、ブリック(アラブの料理で使う春巻きの皮を大きくしたようなもの。中にミンチを入れて春巻きみたいに巻いた料理や、えび、ポテトピューレ、卵などを包んだ料理などに使う)が山積みされてる。

 そろそろ、ramadanかな?
jeanに聞くと、フランスは24日からじゃない・・・とのこと。

 さて、このramadanとは…イスラム歴の9月のこと。

 預言者ムハンマドがメッカからマディーナに移った年を基準にしています。
 この月、世界各国のイスラム教徒達は一斉に断食に入ります。
 全員がしてるのか?と不思議に思いますが、結構、信仰心が薄い人や、普段、イスラムではいけないとされてるお酒、喫煙者でも、このときは、断食していると、良く聞きます。
 伝統的なこともあるのでしょうか…。

 日の出の時間の約1時間40分くらい前から夕暮れの礼拝の後まで、飲食(タバコ等も)、性行為は禁止です。たしか、手をつないだりすることさえも出来ないはずです。
 
 ramadanは預言者ムハンマドを通して、唯一絶対神である”アッラー”が人間にコーランを啓示した神聖な月。そのため神は人間に断食を義務づけられたそうです。

 通常の生活のなかで欲望を満足させ過ぎると、人間は欲望にのみ従う奴隷のようになってしまう。断食をする事により、欲望から逃れる事が出来、自制心を養うことが出来き、それにより、貧しい同胞に思いをはせ、そして、同じ時間を共有することにより、彼らとの連帯を感じるために断食を行なうともいわれます。

 ramadanの開始日は、イスラム教国ごとにイスラム学者等が、イスラム暦9月の新月を確認し、イスラム教最高権威が断食月入りを宣言します。
 このため、国によって開始がずれたりします。(サウジアラビアは昨日からだったと思います)
 天候により新月が確認できない場合は、サウジアラビアの決定に従いますが、サウジも悪天候なら天文学上の計算に従う慣例だそうです。

 毎年、少しずつ日がずれるので、いずれは、夏にもramadan月が来ます…暑い夏、一滴のお水ものめないなんて。。。

 f0041600_2141439.jpgさて、夕方の礼拝後、食を口に出来るわけですが、まず口にするのは、上に書いたdatteという乾燥ナツメヤシと牛乳です。
 このdatte、おいしいんです!干し柿みたいで。スーパーや、アラブのお肉屋さんに売られます。

f0041600_21452777.jpgまた、この時期、沢山のアラブ菓子がお目にかかります。
 ramadan時期しか作らないお菓子があるのですが、これがおいしい。名前は、耳で聞いただけなので、正しくはないかもしれませんが、カールブルースと私には聞こえました。
 
 また、料理も特別料理があるらしく、私も何度か食べました。日本人の口に合うものが多く、私は大好き。
 
 去年、大病院のエレベーターの中で、2人の医者が「ramadan始まったね。どう、体調は?お腹すいてない?ramadanは本当にいいよね!」と。
 イスラム教徒の医師でした。
 医師でさえ、体に良いと思ってるのには少し驚きました。
 1日3食が基本と思っていたし、日没後、一気にすごい量の飲食をするramadanは、私から見れば、体に悪そうだな…と思っていたからです。

 それに、飲食が出来ないので、日中は、事故や喧嘩が多いとも聞きます。みんなイライラしやすくなるのでしょうね。

 
[PR]
by mimijean | 2006-09-24 13:47 | france