mimi,jean,petite capi et mon chapeau*パリの日々 2000年からのFrance生活&帽子製作日記。http://www.mimi-miyuki.webs.com/

paris18区のケバブ

 ついにjeanが中古車を買いました。(またいつか紹介します)
 で、夜、お腹が減ったなーと思うと、この車で、18区のPorte de clichyに行き、ケバブを食べに行きます。
 彼の中では、最近、ケバブブームな様で、ひどい時は3日続けて、食べに連れていかされました。(笑)

 昨日も、jeanが仕事帰り(夜中2時30分です)、「今、家の前だから、降りといで。ケバブ食べにいこう」と。
さすがにPorte de clichy周辺は閉まってましたが、クリニャンクールに1件開いてるお店がありました!3時まで営業。Porte de clichyも、夜中1時ぐらいまでやってるかと思います。parisで、こんなに遅くまで開いてるのは、珍しいです。

 日本って、ケバブ(グレックサンドイッチとも言います)ってあるのでしょうか?
私がいた頃はなかったですが、jeanが日本に行った時、東京で、アフリカ人のお兄さんが屋台でケバブを売っていた、と言ってましたが。

 ケバブは、トルコのサンドイッチです。f0041600_210514.jpg
ケバブは、専用のケバブロースターで大きな肉の塊を回転させながらあぶり焼きにします。焼き上がりを長いナイフで削ぎ落とし、ソースや野菜と共にピタパンに挟んだサンドイッチ。ポテトフライが付いてきます。
 お値段は、場所にも寄りますが4から5ユーロ前後でしょうか。

 ソースは、マヨネーズケチャップかヨーグルト風味、また頼めば辛いソースもつけてくれます。
 お肉は、mouton(羊)が主流です。

 私達の行き付けの店?!は、clichy通り沿いにあります。
f0041600_2121516.jpgここがホントおいしい!
 このお店は、鶏肉もあります。そして頼めば、agneau(子羊)もOK。実は、このagneauサンド、すご~くおいしいんです!
 炭火で焼いたころころの角切りのagneauが野菜と共に挟んであります。炭火の香ばしい香りの柔らかいお肉が、もうなんともいえません。

 もう1件おいしいところがあります。モンマルトルの方ですが、ここは知り合いのアルジェリア人の人に教えてもらいました。ここは、ピタパンが自家製で釜で焼いたアツアツです。
いつもすごい人です。

 
f0041600_21235144.jpg

*これは、羊肉の一般的なケバブサンド。agneauサンドは、毎回、食べるのに必死?で撮り忘れます。
 

 
[PR]
by mimijean | 2006-08-24 13:49 | restaurant, café