mimi,jean,petite capi et mon chapeau*パリの日々 2000年からのFrance生活&帽子製作日記。http://www.mimi-miyuki.webs.com/

Paul Simon 'American Tune''



音楽は、わたしの生活には欠かせないもの。いつも自分やみんなを振り返させてくれ、そして考える事を与えてくれる。



ベトナム戦争の終わり、ソ連との冷戦の時代にPaulが作ったすばらしい曲。
このPaulの曲は、バッハのマタイ受難曲のコラールのメロディを引用している。クラッシックは余り聴かないけれど、バッハだけは好んでよく聴くので、この曲は聞き比べると面白い。

Paul Simon ’’American Tune'' (1975)

Many's the time I've been mistaken
And many times confused
Yes, and I've often felt forsaken
and certainly misused

僕はこれまで何度も失敗をしてきた
そして、たえず迷い
僕はよく誤解され、何度も見すてられ
そして、虐げられてきた

Ah, but I'm all right, I'm all right
I'm just weary to my bones
Still, you don't expect to be bright and bon vivant
So far away from home
So far away from home

でもいいんだ 平気だ
ただ疲れただけなんだ
明るく幸せな気持ちにはとてもなれない
故郷は遥か遠く
あまりにも遠い

And I don't know a soul who's not been battered,
I don't have a friend who feels at ease
I don't know a dream that's not been
shatteredor driven to its knees

くじけぬ人間などいない
心から信頼できる友もいなかった
叶った夢なんてなかった
いつも素直に従ってきたけれど

But it's all right, it's all right
For we lived so well so long
Still, when I think of the road we're traveling on
I wonder what's gone wrong
I can't help it,
I wonder what's gone wrong

でもいい もういいんだ
僕は今日まで何とかやってきた
でも歩いて来た道を振り返ると
何が悪かったんだろうと考えてしまう
どうにもならないけれど
何が悪かったのだろうと

And I dreamed I was dying
I dreamed that my soul rose unexpectedly
And looking back down at me
Smiled reassuringly

死ぬ夢を見たんだ
魂が僕の身をはなれていくんだ
そして僕を見おろして
微笑んだんだ

And I dreamed I was flying
And high up above, my eyes could clearly see
The Statue of Liberty
Sailing away to sea
And I dreamed I was flying

そして僕は空を飛んでいるんだ
そして大空から僕の瞳ははっきり見た
自由の女神が
沖へ出て消えていくのを
僕は空から見ていたんだ

We come on the ship they call the Mayflower
We come on the ship that sailed the moon
We come in the age's most uncertain hours
and sing an American tune

僕らはメイフラワー号に乗り
僕らは月に向かう船に乗り
この不安な世にやってきたんだ
そして「アメリカの歌」を歌う

But it's all right, it's all right, it's all right
You can't be forever blessed
Still, tomorrow's going to be another working day
And I'm trying to get some rest
That's all, I'm trying to get some rest

でも、もういいんだ もういいんだよ
永遠の幸福なんてあり得ない
明日からまた仕事の毎日さ
だからほんの少しの休息を
ほんの少しだけの休息を

これが、そのバッハのマタイ受難曲のコラール。
















.
[PR]
by mimijean | 2013-12-05 23:36 | cinema, livre,musiqu