mimi,jean,petite capi et mon chapeau*パリの日々 2000年からのFrance生活&帽子製作日記。http://www.mimi-miyuki.webs.com/

régulqrisation des travailleurs sans papiers de paris-パリの滞在許可証無しの労働者の身分正規化-

ここ1週間ほど、opera bastilleの前では、デモが起こっています。

正規滞在許可証を持たない移民労働者達によるものです。要は、滞在許可証をあたえろ、というものです。
f0041600_20573790.jpg


ご覧のとおり、bastilleには、たくさんのsans papier(滞在許可証無しの人をこう呼んでいます)達が集まっています。殆どがアフリカ人だと思います。最近は、中国人も参加しています。
日に日に人数が増え、ついには道にダンボールを引き、枕まで用意して寝ている人も沢山。警官も沢山います。
朝は、この道は塞がれ、遠回りしないといけないし、帰りもすごい人で通るのも一苦労。
bastileは日々、ごみが増え、汚い街になりつつあるのに嫌気がさします。

f0041600_21245476.jpg

これは、彼らが配っていた紙。「滞在許可証無しの労働移民を正規化しろ」というないようです。

彼らの行動が悪いとは思いません。しかし、関係のない市民がやはり迷惑してることも確か。

フランスには、毎年たくさんの移民がやってきます。私も移民です。
しかし、滞在許可証を発行して貰えない移民がたくさん。やはり、アフリカ、中国、インドやパキスタンからやってきた人達が殆どです。彼らは、自国で仕事がない為、そして、フランス語が第二母国語の国もアフリカに多いため、やってきます。
しかしながら、すでに移民を沢山受け入れてるフランス側は、毎年、受け入れ制限を厳しくしています。フランス人でさえ、失業者が多い今日この頃、他国からの移民を受け入れる枠は小さくなるばかりです。

フランスでは、低所得者に対する恩恵が沢山あります。
住宅、子供、失業、低所得者手当て、それに、失業者は医療代が無料、低所得者もわずかな費用ですみます。交通費も半額(だったかな)だし、電気代も支払えないと市役所に相談すると、半額とかになるとも聞きました。
低所得者住宅にも優先して入れるので、低額な家賃は、このさまざまな手当てでまかなえ、働かなくても切りきりなら生活できるのです。これに闇で働けば、かなり裕福な生活もできます。

その為、滞在許可証を取得し、働かずに手当てで生活している移民に対し、フランス人たちは、自分達の高い税金から、それらがまかなわれてる事に怒っています。
もちろん、きちんと働いていて税金を納めている移民も沢山います。
私は働く移民に対しては、もちろんがんばってるなと思いますが、こうして移民の私もフランス社会で働いて、税金を納めていると、やはり、考えさせられるものがあります。

日本人の中でsans papierは、殆どいないと思います。また、日本からの移民は、他国からに比べ断然少なく、その殆どが、語学や、専門学を学ぶためや駐在、アーティストなので、他国のように日本の生活に困ってではないのです。
その為、日本人は移民でも特別に扱われてる気もします。

滞在許可証更新に言っても必ず「あなたは日本人だから、問題ないわ」と言われます。

その反面、フランス人にとり、アジア人は皆同じ顔に見えるようで、中国、ベトナム移民が多いこの国では、顔をみて、アジア=中国、ベトナムと判断し、からかわれたり、嫌な扱いも受けることもしばしば。私が日本人というと、一気に態度が変わり、笑顔になるフランスも多いです。
日本=豊かな国。きれいな国。礼儀正しい、働き者、まじめ、やさしい、賢い…です。

私はずる賢いので、郵便局や、お役所でいやな目に会う時は、必ず「日本人」ということを明かします。(笑)そうすると、嫌な思いもそんなにしないですむのです。フランスでの生活技です。(笑)

[PR]
by mimijean | 2010-06-05 21:34 | france